石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

過去画像使い…JR社員が工事の必要書類を“偽造” 違反37件「手続き間に合わないと迷惑が…」

11/29(金) 19:11配信

この記事を

 JR西日本金沢支社の30代の男性社員が、踏切の拡幅工事を行う際に必要な書類を偽造していたことがわかりました。

 男性社員は2017年9月から2018年1月に行われた、北陸本線美川・加賀笠間間にある踏切りの拡幅工事で、仮設踏み切りを設置する際に必要な国土交通省の認可書を、過去の認可書の画像を使って偽造をしていました。

 この男性社員は富山県の高岡市内で行われた別の工事でも認可書を偽造するなど、37件の工事で違反を繰り返していました。

 男性社員は「手続きが間に合わなければ工事が中止になり、関係各所に迷惑がかかると思った」と話しているということです。

県内ニュース一覧へ戻る