石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

近所付合い等少なく…1-6月に孤独死の高齢者 石川県内だけで127人に 県警遺体取扱数の2割

09/04(水) 13:23配信

この記事を

 今年1月から6月の間に、石川県内で孤独死した高齢者の数が127人に上っていることが県警の調べで分かりました。

 石川県警によりますと、今年1月から6月までの半年間で警察が取り扱った遺体の数は660体。これは去年より91体少なく、過去5年間で最も少ない数字となりました。

 このうち、およそ7割は70歳以上の高齢者で、さらにその3割にあたる127体が一人暮らしの高齢者。全体の割合でも約2割を占めています。

 身寄りや近所づきあいが少ないことが原因で孤独死になったケースが多くみられたということで、県警は巡回などを通じて安否の確認に努めたいとしています。

県内ニュース一覧へ戻る