石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

腐敗進み死後数カ月か…生まれたばかりの赤ちゃんの遺体を家の物置に放置 母親と男の2人逮捕

07/10(水) 11:45配信

この記事を

 9日、金沢市内の住宅で生まれたばかりの赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察は男女2人を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

(リポート)
「現場は閑静な住宅街です。住宅の1階の物置から赤ちゃんの遺体が見つかったということです。現場では鑑識作業の様子が確認できます」

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは金沢市額乙丸町の大工・角斉容疑者(46)と、石川県野々市市三日市3丁目の無職・福井理恵容疑者(32)です。

 2人は福井容疑者の子である赤ちゃんの遺体を角容疑者が住む家の1階にある物置に放置した疑いが持たれています。

 見つかった赤ちゃんの死因や性別はまだ分かっていませんが、腐敗が進んでいることから死後数か月が経過しているとみられています。

周辺の住民:
「いやびっくりした。今聞いてびっくりして心臓バクバクしてます。引っ越してきたときは子ども2人にご夫婦の4人家族。今は1人(で住んでいる)と聞いている」

 調べに対し、福井容疑者は「自分が産んだ赤ちゃんの死体を放置したことに間違いない」角容疑者は「やってはいけないことでした、反省しかないです」と容疑を認めているということです。

 警察は現在、2人の関係や詳しい動機について捜査を進めています。

県内ニュース一覧へ戻る