石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

日本で初めて商品化したメーカーが…“あぶらとり紙”の専門店 金沢・ひがし茶屋街にオープン

04/15(月) 11:18配信

この記事を

 金沢の土産として女性に人気が高いあぶらとり紙の専門店が金沢市の観光名所・ひがし茶屋街にオープンしました。

 金沢市のひがし茶屋街にオープンしたのは「あぶらとり紙専門店、うつくしや」。大手金箔メーカー・箔一が初めて手がけました。

 あぶらとり紙はもともと金箔を打つときに箔と箔の間に挟んで使われる特殊な紙で、顔の余分な皮脂が取れることに着目した箔一がいまから40年ほど前に日本で初めて商品化しました。

 店では金沢らしいデザインのものなど様々な種類のあぶらとり紙を中心に、およそ100点の美容グッズが販売されています。

 オープン初日の15日は早速多くの観光客が訪れ使い心地を確かめていました。営業時間は午前9時から午後6時までです。

県内ニュース一覧へ戻る