石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

発生から3か月後の公表…訓練中のF15戦闘機 部品が日本海に落下か 空自・小松基地

04/11(木) 17:54配信

この記事を

 航空自衛隊小松基地のF15戦闘機から今年1月、訓練中にガラス樹脂製のアンテナカバーが落下していたことがわかりました。

 落下したのは重さおよそ6グラムのガラス樹脂製のアンテナカバーです。

 今年1月9日の訓練後の点検で分かったもので、日本海に落下したものとみられています。

 小松基地のF15戦闘機からは2011年11月には燃料タンクと模擬ミサイルの一部が、2017年2月には模擬訓練弾のカバーが落下しています。

 公表が3か月後になったことについて小松基地は「社会的に重大な影響を及ぼすおそれがないと判断した」としています。

県内ニュース一覧へ戻る