石川テレビ

石川さんPUSH!

ネプリーグ

10月22日夜7時00分

今夜は、人気若手俳優と世界的アスリートの常識対決!志尊淳&早見あかりの常識力はいかに?

 今夜の『ネプリーグ』は、人気若手俳優と世界的アスリートの常識対決!志尊淳&早見あかりの常識力はいかに?
 <映画「走れ!T校バスケット部」チーム>からは、2018年上半期ブレーク俳優ランキング1位の志尊淳、『ネプリーグ』初登場で元ももいろクローバーメンバーの早見あかり、ドラマ『チア☆ダン』『おっさんずラブ』の脚本家で慶應義塾大学卒の徳尾浩司が参戦!<アスリートチーム>からは、中学・高校時代の定期テストでトップの成績を誇り6年間の学費を免除されていたという武井壮、元スキー・ノルディック複合選手で早稲田大学卒の荻原次晴、『ネプリーグ』初登場で元バスケットボール女子日本リーグの選手である岡田麻央が挑む!
 1stステージは<ネプレール>。常識ワードの穴埋め問題に正解すれば列車が進み、より速いタイムでクリアしたチームが勝利となる。常識力を駆使し、残りのステージ<ファイブツアーズバギー><パーセントバルーン>を制して、トロッコへの切符を獲得するのは、果たしてどちらか!?放送中にdボタンを押して<トロッコアドベンチャー>で出演者より多く正解すると名産品が当たるチャンスも!

細川たかしスタジオ初登場!新企画、接客が荒い塩対応店員を成敗する「塩店員スカッと」、草野仁が論理的なジェントルマンを演じる「タメになったスカッと」も放送!

 日頃のストレスも“スカッと”吹っ飛ぶ、大爆笑の豪華ラインナップでお届けします。スタジオには細川たかしが初登場。最近ムカッとしたこととは?
 “スカッと”ドラマには、新企画が2本スタート!1つ目は“塩店員スカッと”。客への接客態度が荒すぎるダメな塩対応店員をスカッと成敗!2つ目の“タメになったスカッと”では“スカッと”ドラマ初出演の草野仁が、論理的な言葉でクレーマーを見事にスカッと成敗してくれるジェントルなおじさまを熱演!新しい“スカッと”ドラマにご期待ください。
 週の始まりをスカッとさせてくれる『痛快TV スカッとジャパン』をぜひご覧ください!

SUITS/スーツ

10月22日夜9時00分

「敏腕ながら傲慢(ごうまん)なエリート弁護士」と「その日暮らしの天才フリーター」がバディを組み、難解な訴訟を解決していく、痛快エンターテインメント弁護士ドラマ!

 甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、必要ないと言い放つ。甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、真琴(新木優子)に仕事が欲しいと愚痴をこぼす。それを聞きつけた蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。
 甲斐は、社長の加宮忠が死去した老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れる。KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていた。臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌で…。
 同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリング相手を務めていた。そこに、世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだった。困惑する大輔。しかし、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷が授業どころではなかったことを知った大輔は、ほっと胸をなでおろす。BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合する。
 甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知る。甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが…。

新説!所JAPAN

10月22日夜10時00分

所ジョージが日本にまつわる身近な謎に斬り込む知的バラエティー!
好きなすしネタでもダントツ人気を飾り、世界の漁獲高の5分の1を消費するほどマグロ好きの日本人。その理由をひもとく鍵は、海が無い山梨県にあった?
さらに!全国の美容院の数は、コンビニの4倍の24万軒!なぜ日本には至る所に美容院があるのか?江戸時代までさかのぼる日本人の「和み」の文化に、所も驚き!

 所ジョージが日本にまつわる身近な謎に斬り込む知的バラエティー!初回は、日本人が大好きなマグロ、そして美容院に関する謎に挑む。

 【なぜ日本ではマグロがダントツ人気のお魚なのか?】
 好きなすしのネタランキングでダントツの人気を誇るマグロ。日本の年間マグロ消費量は世界の漁獲高の5分の1で、握りずしに換算すると国民1人あたり年間181貫もマグロを食べている計算となる。なぜ、マグロはこれほど日本人にとって人気の魚なのか?スタジオには専門家である“JAPANツウ”として、日本一とも評される鮮魚店の店主・松本秀樹氏を招いて、マグロの流通の歴史や味の秘密からこの謎を解き明かしていく。
 キーワードは「山梨県」。「関係ないんじゃないの!?マグロのイメージが無い」と、海が無い山梨県とマグロの関係について話す所をはじめとした出演者たちだったが、山梨の人々のマグロざんまいな食生活を目の当たりにして驚き!その背景を歴史学者・磯田道史氏が詳しく解説する。さらに、今では高級品の「トロ」だが、100年前には名前が無かった!?大正7年に初めて「トロ」と名付けられた際のエピソードが明らかに!その名付け親は?

 【なぜ日本にはコンビニの4倍も美容院があるのか?】
 日本の美容院は24万軒と、コンビニエンスストアの4倍もの多さ。世界的に見ても圧倒的に多い理由に迫る。この謎に関する“JAPANツウ”は、カリスマ美容師の宮村浩気氏。宮村氏とゲストの陣内智則との“ある因縁”が明らかになると、陣内も思わず苦笑いする場面も。番組では東京や大阪といった大都会よりも人口あたりの美容院の数が多い秋田県の中で、最も人口が少ない上小阿仁村を取材。鉄道が通っていないため駅もなく、書店も、パン屋もないこの村の美容院の数は、なんと4軒。それぞれの美容院の様子を取材すると、ただ髪を切るだけではない美容院のある役割が浮き彫りに。独自に進化した日本の美容院を、磯田氏が解説。そのキーワードは「和み」だった!?

石橋貴明のたいむとんねる

10月22日夜11時00分

石橋貴明とミッツ・マングローブのオトナのトークバラエティー。
よゐこを迎え「あの人気漫画の最終回」をお送りします。

 忘れかけていた「日本のちょっと前の話」に何かと詳しい石橋貴明とミッツ・マングローブの2人が「勝手に語り継ぎたいアレコレ」をゲストと共に掘り起こし「あ〜、あったねぇ〜!懐かしい〜」という思いを共有する番組です。
 よゐこのお2人をゲストに迎え「あの人気漫画の最終回」をお送りします。名場面と最終回はまた違うもので、実は意外に覚えていない名作漫画の最終回を語り尽くします。