石川テレビ

 
  
   
奥能登、石川県珠洲市に大きなかやぶき屋根を持った庵があります。勝東庵。
玄関では大きな杉の板戸に描かれた見事な桜が出迎えます。 作品名は「桜心(おうしん)」
 
描いたのは絵師の勝田深氷さんです。
 
2年前、滞在先のアメリカ・サンフランシスコで人知れず亡くなりました。
 
 
勝田さんは1995年、当時の林幹人市長の招きで珠洲市での創作活動を始め、伝統的な浮世絵の技法にこだわった数々の作品を生み出しました。
 
しかし勝田さんは大きな展覧会に出品することはなく、その名が世に知られることはありませんでした。
 
 
勝田さんの足跡をたどりたい。6年前、ニュースの特集で勝田さんを取り上げた記者が勝田さんの生涯を追う旅に出ました。
偉大な父への畏怖や出自に対する劣等感、そして愛に飢える日々。
 
様々な人たちへの取材を通して浮き彫りになったのは勝田さんの壮絶な生涯でした。
 
一方で6年前の取材の際、勝田さんは能登の山野草を題材にした襖絵を製作していました。
 
その襖絵を追って記者はアメリカへ。
持ち主はある大物だったのです。
 
アメリカでの取材で見えてくる勝田さんの絵師としてのこだわり。
 
春に日本人の心を揺さぶる桜。
勝田さんが「桜心」に込めた想いとは?

1人の絵師の想いに迫ります。
  

放送 2014年5月25日(日) 12時00分〜12時55分

Copyright (C) Ishikawa TV. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権は石川テレビに帰属します。