石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

ロンドン五輪『金』松本薫が引退「勝負師としては終わり 第二の人生はアイスクリーム作ります」

02/07(木) 19:57配信

この記事を

松本薫選手(7日の会見):
「2月7日本日をもって柔道競技を引退することを報告します」

 闘争心むき出しの戦い…、ニックネームは「野獣」。ロンドン五輪・柔道女子57キロ級史上初の金メダルに日本中が沸きました。

松本選手(当時):
「うれしいです。1番というのは好きです。応援して頂いて本当に力になったのでありがとうございました。」

 そして4年後のリオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得し2大会連続のメダリストに。

 この直後の2016年11月にめでたく結婚。そして母になりました。

松本選手(当時):
「守りたいのはもちろん家族。でも柔道をやりたいという私自身の願いも守っています。(東京五輪は)現実的には難しいんですけど、でもやっぱり0%ではなくて(東京五輪に)出られないって決まっていないので最後の最後まで挑戦していきたいと思います。」

「ママでも野獣」と去年11月、国内大会で復帰。しかし、まさかの初戦敗退…。東京五輪は絶望的になっていました。

 そして7日…。

松本選手(7日の会見):
「闘争心が少しずつなくなってきていたというのもあるんですけど。子育てと両立をしながら野獣スタイルを維持していくのはやはり難しかった。」

 松本薫選手が子どものころ通っていた柔道塾の恩師は…。

恩師の岩井克良さん:
「本当にその日が来たなあと思って寂しくなった。社会生活でもオリンピック目指すような苦労があると思うから必ずその時(経験が)役に立つと思うので頑張ってほしい」

松本選手(7日の会見):
「第二の人生なんですがアイスクリーム作ります。アスリートとして減量がある中で毎日食べられるアイスクリームが欲しいなってずっと思っていた。いいんですかここで宣伝して(笑)」

 涙無しの笑顔があふれた引退会見。そのまなざしは次の夢に向かっています。

県内ニュース一覧へ戻る