石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

兼六園でもう“見頃”の梅の花も…金沢は4月中旬並みの暖かさ 予想最高気温16度の見込み

02/07(木) 12:14配信

この記事を

 南から流れこんだ暖かい空気の影響で、7日朝の石川県内は最低気温が4月中旬から5月中旬並みとなりました。こうした中、兼六園では白やピンクの梅が見頃を迎え始めています。

 7日朝の石川県内は日本の南に中心を持つ高気圧に覆われ、各地で晴れとなりました。朝の最低気温は志賀町では10.6度と5月中旬並みまで上がり、金沢でも8度と4月中旬並みの暖かい朝となりました。

 こうした中、およそ20種類の梅の木200本が並ぶ金沢市の兼六園では、梅の花が例年より1か月ほど早く咲き始め、中には見ごろを迎えている品種もあります。

 この後、石川県内の日中の予想最高気温は金沢で16度、輪島で14度と4月上旬から中旬並みまで上がる見込みです。

 また、寒冷前線の接近にともない加賀、能登ともに昼過ぎから雨となる予想です。

県内ニュース一覧へ戻る