石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

冬場に“ノロウイルス”等多く発生…保健所が飲食店等対象に立ち入り検査 金沢

12/03(月) 13:10配信

この記事を

 飲食店や小売店の慌ただしさが増す年末に向けて、食中毒を防ごうと金沢市保健所が立ち入り検査を始めました。

 金沢市は冬場に多く発生するノロウイルスなどを防ごうと、毎年、飲食店や小売店などを対象に立ち入り検査を行っています。

 検査は3日から始まり、金沢市保健所の食品衛生監視員が桜田町2丁目のスーパーを訪れました。そして調理場の包丁に菌が残っていないかや、従業員の健康状況をしっかりと把握しているかなど、53項目に渡って調べました。

 保健所によりますと今年4月以降、石川県内でカンピロバクターやO-157など、5件の食中毒が発生し、患者数は合わせて89人にのぼっています。

 今のところノロウイルスは発生していませんが、感染力が強いため保健所は注意を呼びかけています。

 検査は飲食店のほか市場や給食施設など、市内700施設を対象に大みそかまで続きます。

県内ニュース一覧へ戻る