石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

去年はライバル選手に禁止薬物を…カヌースプリント選手権始まる 監視カメラ等対策も 石川

09/07(金) 14:32配信

この記事を

 カヌーの日本選手権が小松市の木場潟で行われています。去年、参加選手によるドーピング問題が発覚したことを受け、会場では再発防止に向けた対策が進められています。

 カヌー・スプリントの日本選手権は小松市の木場潟で7日から競技が始まり、男女合わせて250人余りの選手が出場しています。

 大会では去年、男子の鈴木康大選手がライバルだった小松正治選手の飲み物に禁止薬物を混入する問題が発覚し、鈴木選手は8年間の資格停止処分を受けました。

 会場にはドーピング問題の再発防止を図るため飲み物の保管場所に監視カメラを設置したほか、薬剤師2人が常駐し薬の服用などについて選手からの相談を受け付けています。

 9月10日まで行われるこの大会は東京オリンピックの代表選考に向けた重要なレースでもあります。今年3月、公式戦に復帰した小松選手は8日以降の競技に出場する予定です。

県内ニュース一覧へ戻る