石川テレビ

石川テレビ 県内ニュースISHIKAWA NEWS

「周りにいた人、皆吹き飛んで…」戦時中の空襲で命落とした“女子挺身隊員”慰霊の集い 金沢

08/07(火) 19:19配信

この記事を

 太平洋戦争中に、海軍の兵器工場で空襲に遭い命を落とした石川県内出身の女子挺身隊員。20歳前後だった52人を慰霊する集いが金沢市で開かれました。

 73年前の8月7日、愛知県の豊川海軍工廠が米軍の爆撃を受け、石川県内から動員されていた女子挺身隊員52人が命を落としました。

 女子挺身隊は20歳前後の女性で構成されていて、豊川の海軍工廠には武器を製造するため県内からおよそ600人が動員されていました。

 7日は隊員の死を悼み1962年に金沢市卯辰山公園に建てられた「殉難おとめの像」の前で慰霊の集いが開かれました。

 集いには元隊員や遺族が参加し静かに隊員の死を悼みました。

元隊員の参列者:
「飛行機の音が、聞いたこともない恐ろしい低空で飛んできた。ああ怖いなと耳と目をおさえて伏せていた私が助かった。飛行機が立ち去った後、周りにいた人は1人もいなかった。みんな吹き飛んで…。絶対に忘れられない」

世話人の中山正一さん:
「隊員さんの生の声が一番なのでそれをできるだけ伝えていけたらなと」

県内ニュース一覧へ戻る