石川テレビ

  
<よくあるご質問につきまして>

1月10日に発生した弊社送信鉄塔火災に伴う放送中断事故で、大変ご迷惑をおかけしております。受信環境改善のため、新たな仮設アンテナを設置し1月18日(木)から、より強い電波による送信に切り替えました。
しかし、依然として仮設アンテナによる放送のため、現在もなお一部の世帯で視聴できない状況が続いております。視聴者の皆様に改めて深くお詫び申し上げます。速やかな状況の把握と対策に努めるとともに、遅くとも8月末までに完全復旧できるよう全力を挙げて取り組む所存です。

【受信状況に関するお問い合わせ】 電話 076−267−2141

視聴者の皆様方から、多くのお問い合わせを頂いたものについて、まとめましたので、ご覧ください。

  
  
Q. 送信出力を1kWにパワーアップしたのにテレビが映らないのはなぜですか?
  
A. 電波は強くなりましたが、依然、仮設アンテナによる放送なので、山陰やビル陰など地形、場所によって受信状況が改善しきれていないことが考えられます。
また、家庭内で複数のテレビに電波を分配していますとパワーが弱まって視聴できない場合もあります。

Q. テレビが映るようにするために石川テレビはどのような対策をしているのですか?
  
A. 石川テレビと北陸放送では、石川県電器商業組合に業務委託を行いました。今後、加盟店が石川テレビや北陸放送が受信できない・乱れる世帯に順次ご連絡して、それぞれの状況に応じた対策を行って受信環境を改善することになっています。

Q. 完全復旧はいつになるのですか?
  
A. 遅くとも8月末までに完全復旧するよう努力しています。
放送用のアンテナや送信ケーブルなどの機材は特殊で、メーカーにも在庫がありません。新たに製造する必要があり、既に発注しておりますが、落雷対策を含めた技術仕様や設計、関連機材の調達などにも時間がかかります。
  
  

引き続き現在も完全復旧に向けて全力で作業を進めております。ご迷惑をおかけしておりますことを重ねてお詫び申し上げます。


(C) Ishikawa TV.